株で利益を出せると聞くと疑いたくなりますが、実は初心者でも簡単に株取引ができるんです。あとは要点を押さえることで株トレーダーの仲間入りです。

  • ホーム
  • 初心者がやりがちな株の怖いところ

初心者がやりがちな株の怖いところ

話している人達

初心者が株でやりがちが失敗としては、理由もわからず売買をして大損をしてしまうというものがあります。
大きく値上がりしているから、理由もわからず買ってみてそれが高値づかみになってしまうといったものや、その逆に大きく下落しているものを見て値頃感から値下がりの理由もわかっていないのに買ってしまうというものです。
株価が上昇している時というのは、理由がなくても上昇していることが理由となって上昇するということがあるので上がっている銘柄を買うというのはそれ自体間違ったものではありません。

しかし、上昇の理由がなにか材料があるのかただ相場が過熱気味になっているのかを理解しないまま購入すると、ただの高値づかみで終わってしまうケースが多いのです。
逆に大きく下落をした銘柄というのは、これも売りが売りを呼んで行き過ぎるほどに下落をしてしまうということがあります。
それを理解していた上で購入をするのであれば良いでしょう。
しかし、初心者の場合にはそこまで考えが至らず大きく下がっているから安く買えるという程度で購入をしてしまい、上場廃止といった大きな悪材料が出ているにもかかわらずそれに気付かずに大きな損失を出してしまうということがあるのです。

初心者であればひとつやふたつの失敗をするということは珍しくありませんが、このようなミスは最初の取引にもかかわらず致命傷となりうるものとなっていますから、注意が必要です。
売買のタイミングとして正しいタイミングや間違ったタイミングというものはありません。
リスクの高い時期とリスクの低い時期というのが有りますから初心者は売買をする時に今がリスクが高いのか低いのかということを、理解して取引しないと大きな失敗をしてしまいがちです。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索